たれ目をカバーする裏技テクニックを一挙ご紹介!

目の印象を変える様々な二重手術法~それぞれの特徴や費用について~

  • TOP
  • >
  • 様々な種類がある

たれ目に合ったマツエクで目の印象を変えよう!

たれ目をカバーする方法として、マツエクを付けることも効果的です。たれ目の女性におすすめのマツエクや選び方のポイントについて見ていきましょう。

マツエクの選び方

カール
マツエクには、Jカール、Cカール、CCカール、Dカールなどの様々な種類があります。種類によってカールが強いものと弱いものがあるため、自分の好みに合わせて選ぶといいでしょう。お人形のような目力の強い目元を作りたいなら一番強いDカール、ナチュラルな目元を作りたいならJかCカールのような弱いものがおすすめです。
太さ
マツエクは、太さにもいろいろな種類が存在します。主な太さの種類は、0.1㎜、0.12㎜、0.15㎜、0.18㎜、0.2㎜、0.25㎜の6つです。自然な印象を作るには、自まつ毛に近い太さのものを選ぶといいでしょう。日本人のまつ毛の太さは平均0.12㎜と言われているので、マツエクをするなら同じ太さのものを付けるのがおすすめです。
長さ
マツエクをするときは、6㎜~14㎜の間で長さを自由に選ぶことができます。長さによって目元の印象が大分変わるので、自分の理想の仕上がりイメージに沿って長さを選ぶといいでしょう。あまり長すぎても不自然な印象になってしまうので、おすすめなのは自まつ毛の+1~3㎜ほどの長さです。
本数
本数の目安は、両目でだいたい80~200本ほどです。どのくらいボリュームを出したいのかによって、本数を決めるといいでしょう。とにかくボリュームを出したいという人におすすめな付け放題のメニューもあるので、付けられるだけつけてもらうといいです。

たれ目にピッタリなのは縦長を強調するマツエク!

たれ目の人にピッタリなマツエクは、縦長を強調してくれる「ドールタイプ」のものです。ドールタイプのマツエクを付けることで、たれ目をカバーしてお人形のような可愛らしい目元を作ることができます。このマツエクは、たれ目を目立たなくしてくれるだけでなく、たれ目の良さを活かすこともできる優れたアイテムです。

二重の手術でクールな目元を手に入れよう!

目元の印象を変えるには、二重手術を受けることも一つの選択肢です。たれ目に悩む女性でも、二重手術を受けることで確実にコンプレックスを解消できます。二重手術を受ける前にその種類と費用について詳しく知っておきましょう。

たれ目を確実に解消したいなら切開法がおすすめ!

確実にたれ目を解消したいというなら、切開法という二重手術がおすすめです。切開法には、部分切開と全切開の二種類があり、手術法によって術後のダウンタイムの長さが違います。傷が目立つのが気になるという場合は部分切開、くっきりとした二重のラインを作りたいというなら全切開を選ぶといいでしょう。切開法を行なうことで、理想の目元を半永久的に保つことができます。

大人っぽいクールな目になりたい人向けの美容整形術

目頭切開Z法
目頭切開Z法は、蒙古ひだと呼ばれる目頭のピンク色の部分をZ型に切開する手術法です。蒙古ひだを切開することで、目を大きく見せたり二重の幅を広くしたりすることが可能になります。どのようなデザインにするかによって、目元の印象が大きく変わるのできちんと医師と相談したうえで手術を受けましょう。この手術を行なうには、事前にある程度二重のラインができていないといけません。そのため、一重の人や奥二重の人などは、先に二重の手術を受けておくことをおすすめします。
目尻切開術
目尻切開術は、目尻に7~8㎜程度の切れ込みを入れることで、目元を大きく見せる手術法です。皮膚弁と呼ばれる箇所を切除して、切開した目尻に縫い合わせていきます。この手術を行なうことで、目を大きくすることができるほか切れ長のシャープな目元を作ることができます。たれ目を解消したいという人にはぴったりの手術法となっています。
目頭切開+目尻切開+グラマラスライン
たれ目を解消したいけどあまりきつすぎる印象にはしたくないという場合は、目頭切開と目尻切開をプラスしたこの手術を行なうといいでしょう。この手術を受けることで、「アーモンドアイ」という目の形を作ることができます。アーモンドアイはパッチリとした大きな目元にしつつ、切れ長のシャープな印象にすることができるので、きつくなりすぎる心配もありません。
目尻挙上術
この手術は、目尻を切開して皮膚を吊り上げることでたれ目を解消する方法です。目尻の下側に1㎝ほどの切れ込みを入れ、特殊な糸を使って骨膜の部分に縫合していきます。この手術を行なうことで、目尻を2㎜ほど上げることができます。

それぞれの施術にかかる費用は?

目頭切開Z法
目頭切開Z法は、クリニックによって費用が大きく変わります。だいたい20万~30万円ほどの費用が相場となっていますので、目安として覚えておくといいでしょう。極端に安すぎてもトラブルに巻き込まれる可能性が高くなるので、注意が必要です。また、麻酔の種類によっても費用が大きく変わってきますので、事前にクリニックのほうに確認してみるといいでしょう。局部麻酔をする場合、追加費用が発生する可能性がありますので代わりに静脈麻酔を使用すれば費用を削減することができます。
目尻切開術
目尻切開術の費用相場は、目頭切開Z法と同様、だいたい20万~30万円程度となっています。こちらもクリニックによって費用が大きく変わりますので、いろいろなクリニックを比較したうえで予算範囲内でできるところを選ぶといいでしょう。中には、10万円以下という非常に安い費用で手術ができるクリニックもありますが、失敗するリスクが高くなりますのであまりおすすめできません。できるだけ、費用相場内で手術を行なっているクリニックに通うようにしましょう。
目頭切開+目尻切開+グラマラスライン
この手術は、一度行なうと一生元に戻ることがないので、綺麗な目元をいつまでも保つことができます。3つの手術を合わせて行なうため、費用相場はだいたい40万円ほどとなっており、他の手術法に比べて少し高めになっています。しかし、3つセットでこの費用なので、一つ一つを別で行なうよりも安くできることがメリットです。
目尻挙上術
目尻挙上術の費用相場は、だいたい25万円程度となっています。もちろんクリニックによって変わってきますが、比較的安く受けられることがメリットです。こちらはあくまで目安の費用なので、正確な費用を知りたいならクリニックに直接問い合わせてみるといいでしょう。

二重の手術を受けるかどうかは慎重に考えて!

二重手術を受ける際は、慎重に考えて進めることが大事です。美容整形手術はれっきとした医療行為なのですが、中には悪質なクリニックも存在します。そのようなクリニックで手術を行なってしまうと、失敗する可能性が高くなってしまうのです。一度失敗すると、完全に元の状態に戻すことは難しいので、手術を受ける前にじっくり考えて医師と話し合っていきましょう。

自分で納得のいく解決法を見つけることが大切

ウーマン

たれ目というコンプレックスを解消するには、このように様々な方法が存在します。いろいろ紹介してきた中から、自分に合った解決策が見つかるでしょう。どの方法を選ぶにしても、大事なのは自分が納得いく方法かどうかということです。コンプレックスを解消して毎日を楽しく過ごすためにも、自分に合った解決策は何なのかということをきちんと見極めてくださいね。

TOPボタン