たれ目をカバーする裏技テクニックを一挙ご紹介!

メイクやメガネをかけて目の印象を変えることができる!?

  • TOP
  • >
  • クールな目元を作るには

たれ目女子必見!~目の印象をガラッと変えるメイクのポイント~

女性

目の印象をがらりと変えるには、メイクの仕方を工夫したりメガネをかけたりなど様々な方法があります。上手くたれ目をカバーするためのワンポイントアドバイスをご紹介します。

たれ目女子がやりがちなNGメイク

たれ目を気にする女性は、目尻を引き上げようとするあまりアイラインを過剰に入れすぎてしまうことが多いです。その結果、メイクが濃く見えてしまうのです。たれ目をカバーしたい気持ちは分かりますが、頑張りすぎると不自然になるので、あくまでナチュラルなメイクを心がけることが大事です。その方が可愛らしい印象を与えられるでしょう。

メイクアップアーティスト直伝!たれ目解消メイクのポイント

たれ目女子はシャープな眉がお似合いよ!(メイクアップアーティストKさん)

眉の形を変えてみると、たれ目の印象を弱くすることができるわよ。今は「困り眉」とか「平行眉」なんてのが流行りだけど、たれ目さんにはおすすめできないわ。さらにたれ目を強調することになるから要注意よ!たれ目をカバーしてクールな印象を与えたいなら、眉山をしっかり作ることが大事ね。アーチ状のシャープな眉を意識して形を整えると、お顔がキリッとした印象になるわよ。普通の人が眉をシャープにするときつい印象に見えるけど、たれ目さんだと優しい目元とうまく合わさってお顔のバランスが良くなるわ。

キャットアイラインを意識すると目つきが鋭くなります。(メイクアップアーティストRさん)

アイラインの引き方によって、顔の印象は大きく変わります。たれ目を解消したいなら、「キャットアイライン」という引き方をするといいですよ。キャットアイラインは、目頭あたりは細く、目尻に近づくにつれてラインを太くしていくという引き方です。猫のようなキリッとした目元を作るには、目尻よりも少しはみ出して上にピンと引き上げるように書くことがポイントです。目元をがっつり強調したいなら黒を、ナチュラルな感じにしたいなら茶色のアイライナーでラインを引くといいですよ。

ブラウン系のアイシャドウでグラデーションを作るのがポイント!(メイクアップアーティストSさん)

たれ目さんにおすすめのアイシャドウは、ブラウン系のシャドウです。ブラウン系のシャドウを目元に入れると、顔全体がほりの深い印象になります。ほりを深く見せることで、たれ目の印象をぐんと弱くすることができるんです。アイシャドウを入れるときのポイントは、3色ぐらい使ってグラデーションを作ることです。グラデーションの効果でより顔が引き締まって見えるでしょう。一言でブラウン系といっても、ゴールド系やオレンジ系、ピンク系など様々な種類の色味があるので、色味によって雰囲気もがらりと変わりますよ。

目尻が引き締まるクール目メイクの方法

ハイライトカラーのアイシャドウを塗る

ハイライトカラーのアイシャドウを上下のまぶたに塗ります。アイシャドウを塗るときは、目頭から目尻に向かって塗っていくのがポイントです。

茶色のアイシャドウをのせていく

次に、ミディアムカラーのブラウン系シャドウをアイホールの目尻から目頭に向かって塗っていきます。

アイラインを引く

ミディアムカラーのシャドウをうまく馴染ませたら、次は目頭から目尻に向かってペンシルライナーでラインを引いていきます。目尻の少し前あたりで横に流すようにしてラインを引くと、シャープな目元になります。

締めカラーのアイシャドウをのせていく

締めカラーとしてこげ茶などのアイシャドウを入れると、綺麗なグラデーションを作ることができます。締めカラーのシャドウを塗るときは、黒目の少し内側から目尻の手前あたりにかけて塗っていくのがポイントです。

マスカラを塗る

仕上げにマスカラを塗っていきます。マスカラを塗るときは、黒目の外側から目尻にかけてまつ毛が太く見えるように塗るといいでしょう。

たれ目をカバーするには、このようなメイク法がおすすめです。これらのメイク法をマスターすれば、あなたもクールな目元を手に入れられること間違いなしですよ。

たれ目の印象を弱めるオシャレアイテム「メガネ」を活用しよう!

たれ目の印象を弱めるには、メガネをかけるという方法もあります。たれ目をカバーしてくれるメガネには、一体どのようなものがあるのでしょうか。ここで、メガネの選び方を知っていくといいです。

たれ目の印象を弱めるメガネの選び方

フレームカラー
たれ目の印象を弱めたいなら、フレームカラーが濃い色のメガネを選ぶといいでしょう。おすすめなのは、シルバーや黒、ダークブラウンなどの色です。濃い色のフレームだとメガネの印象が強くなるので、たれ目を自然にカバーすることができます。
フレームのライン
たれ目をカバーするには、眉毛の形と合ったフレームラインのメガネを選ぶのがおすすめです。具体的に言うと、フレームラインの上が眉毛と合ったもの、下が下唇と合ったものをかけるとたれ目の印象を和らげることができるでしょう。
フレームの形
メガネのフレームは大きく分けると丸いものと四角いものの二種類がありますが、たれ目をカバーしたいなら四角いフレームのメガネをかけるといいです。たれ目の人が丸いフレームのメガネをかけると、余計たれ目を強調してしまうことになりますのであまりおすすめできません。

たれ目はつり目と比べれば優しい印象を与えますが、自分の目の印象を変えたいという人もいるでしょう。上記のようなポイントを意識してメガネを選ぶことで、たれ目の印象を弱めることができますよ。

目元マッサージで目の印象が変わる!?

目の印象を変えるには、自分でマッサージをして目元を引き締めることも効果的です。目元を引き締めてくれるマッサージ法には、以下のようなものがあります。ツボやエクササイズの仕方を知って、たれ目を解消しましょう。

目元をスッキリさせるツボ押しマッサージ

  • 目頭と鼻骨の間あたり
  • 眉骨の下あたりにあるくぼみの部分
  • 眉下あたりにある眼窩の奥まった部分
  • 眼窩と鼻骨の間にあるくぼみ部分
  • 鼻孔と頬骨の間にあるくぼみ部分
  • 顎の筋肉の外側、頬骨の下部分
  • 頬骨の下で犬歯の上部分

上に挙げた7つのツボをそれぞれ10秒ずつ押すという、とても簡単なマッサージ法です。これらのツボを刺激することで、目元がスッキリして目の印象を変えることができるでしょう。

上眼瞼挙筋エクササイズで上まぶたを引き上げる!

上眼瞼挙筋エクササイズは、上まぶたを引き上げるための筋力アップ法です。上眼瞼挙筋を鍛えることで、上まぶたが持ち上がるので目元の印象をスッキリさせることができます。

ステップ1

まずは目を大きく見開きながら、ゆっくりと眉を上に持ち上げます。

ステップ2

眉はそのまま動かさず、上まぶただけをゆっくり下に下げていきます。

ステップ3

目の開き具合が2~3㎜ほどになるまで上まぶたを下げたら、そのまま5秒間キープします。

この一連の動作を5セット行なうことで、上眼瞼挙筋の筋力をアップすることができます。上眼瞼挙筋が鍛えられると、目力が強くなり目元の印象をがらりと変えられますよ。

TOPボタン